注文住宅と建売

注文住宅と建売はどちらが総費用が高い?

注文住宅は自分たちで設備から資材までもを指定することが可能ですから、決して高くはないのです。とは言ってもまあ、「注文住宅で家を建てたい!」という人の大半が、マイホームに対して強めのこだわりを持った人が多いという傾向がありますので、総費用は一戸建てマイホームの相場よりも高めになることも多いのですが。

 

しかしながら注文住宅が必ずしもそのような家ばかりというわけではありませんからね。現にわが家は一戸建て住宅の中ではやや建設費用は低めだと思っています。そう思っている理由のひとつに、近所に建てられた建売住宅の販売費用よりも数百万円もわが家の建設費用の方が安かったからなのですよね。

 

一般的に、建売住宅は販売価格にしても注文住宅よりも安めだというイメージがありますよね。けれどもうちの地域で売り出されている建売住宅は、土地代を引いいてみてもうちの家よりも金額が高いものでした。というか、うちの家が注文住宅で建てることによって、建設費用を節約できたのだと思っています。

 

普段は人目につかないような場所の壁材は一段落したものにしていますし、照明や電球や遮光器具などを施主支給にするなど、施主支給幅を増やして節約していますからね。もしもすべて業者手配にしていますと、手数料分高くなっていたことでしょう。

 

実際に大工さんも「自分たちで卸した方が手間賃がないだけ安いよ」と、そのままストレートに言ってくれましたし。今ではインターネットの普及によって、一般の人でも卸売業者から商品を購入することができますしね。発注などの少しの手間はかかりましたけれど、施主支給幅を増やしたことで節約ができたと思っています。

 

また、外構は今のところは「砂利を敷く」というところにとどめていますので、外構にかかるお金も節約できたと言えるでしょう。その後は旦那が地道に庭づくりをしています。趣味も兼ねて。

 

ですからわが家にとっては、注文住宅は高いものではなく、むしろ自分たちで適材適所に節約できるものだと思っています。ですからやはり、家を建てるのならば、オススメしたいのは注文住宅だと思っています。